発毛治療は自力ですべきか医療機関で受けるべきなのか

subpage1

薄毛の悩みを解消するために発毛治療を決意したとき、とることができる方法には大きく、必要なものを揃えて自力で治療をする方法と、医療機関に通って治療を受ける方法の2つがあり、どちらを選択して治療をはじめれば良いのかはとても悩むところです。

安全に発毛治療をしたいのであれば、選択すべきなのは当然医療機関に通う方法になります。発毛治療ができる医療機関には大きく、一般の皮膚科と専門クリニックの2種類がありますが、しっかりと治療をしたいのであれば専門クリニックで治療実績のある医師に診てもらったほうが断然良いです。

発毛治療を検索してみてください。

一般の皮膚科は、診療を行っている医師の専門領域に発毛治療が含まれていれば、質の高い治療を受けられる可能性がありますが、大抵はフィナステリドと呼ばれる成分の入った飲み薬が処方されるだけで終わるからです。

しかし、発毛治療専門のクリニックに通い続けるためには、多額のお金を支払わなければなりません。


このような金銭面の負担を避けたいのであれば、外国から治療薬を個人輸入して自分で治療した方が良いです。

通販サイトで注文すれば1ヶ月あたり数千円程度の出費で治療に取り組むことができ、治療に成功した場合の最終的な出費もクリニックに通う場合より少なくなることが多いです。



ただし、外国製の治療薬の使用については、偽物を手にしてしまうリスクと、副作用を発症した場合は自己責任となるリスクがあり、どちらもしっかり受け止めなければなりません。



もし、リスクを受け止めきれないのであれば、クリニックでの治療を選択しましょう。

皆が知りたい情報

subpage2

薄毛になってもあきらめるのはまだ早いのです。以前育毛シャンプーや育毛剤を毎日使っても効果がないので、今は何もしていないという人もおられます毛剤などは早い段階で正しい方法で使えば効果があるのですが、かなり薄毛が目立つようになってからでは効果が出にくいことがあります。...

more

学びたい知識

subpage3

テレビのコマーシャルなどメディアでも繰り返し宣伝されているように、医療機関での発毛治療が行われるようになっています。これは、高確率で進行を防止できるプロペシアという内服薬が開発されたためで、厚生労働省に承認された2005年ごろから本格的にスタートしています。...

more

これからの美容

subpage4

医療機関での発毛治療は、AGA治療薬のプロペシアが2005年に厚生労働省に承認されたことがきっかけで本格的にスタートしており、既に10年以上が経過しています。このために、かなり内容は進化しており、様々な状態の薄毛に対応することが出来ます。...

more

美容のコツ

subpage5

「発毛治療」とは、発毛サイクルが停滞している状態を改善し、再び髪の毛が育つ状態に治療することを言います。髪の毛は、成長する期間(約6~9年程度)、頭皮に留まる期間(約3~5ヵ月程度)、抜け落ちるのを待つ期間(約3~4週間程度)を経て、さらに成長する期間に戻る「発毛サイクル」と言う周期があります。...

more