おせち料理の由来や特徴は

おせち料理といえばお正月には欠かせない料理であり、漢字では「御節料理」と表記します。

かつては元旦や五節句になると節日を祝って神様にお供えをし、「御節供(おせちく)」と呼ばれるごちそうを食べる風習がありました。江戸時代になるとこの風習が庶民にまで広がり、節日の中でも特に重要だとされる元旦に振る舞われる料理がおせち料理となったのです。

当初は農作物や魚介類などの収穫を神様に報告し、感謝の意味を込めてお供えする神様にお供えする料理でした。その後食文化や暮らしの充実に伴い山海の幸を盛り込んだごちそうとしての料理に発達し、現在においてもお祝い料理としての意味合いが強くなっています。

おせち料理にはお正月の期間、普段料理などで忙しい主婦を家事から解放するという意味合いがあります。そのため食材は保存がきくものが中心となっているのです。また人々の様々な希望や願いが込められていることも特徴であり、例えば数の子は子孫繁栄を、田作りは五穀豊穣を、黒豆は勤勉に働けることを願う料理となっています。

紅白のかまぼこには魔除けと清浄の、伊達巻には巻物による知識の、栗きんとんには豊かな財宝の意味があるのです。その他には出世魚であるぶりや、めでたいとされる鯛、長寿の象徴だとされる海老などが取り入れられています。

煮物や和え物や酢の物なども様々な願いが込められており、穴の開いたれんこんには将来の見通しがきくようにという意味がありますし、ゴボウにはしっかりと根を張って代々家が続くようにという意味があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です