発毛治療で使用する内服薬の内容

subpage1

テレビのコマーシャルなどメディアでも繰り返し宣伝されているように、医療機関での発毛治療が行われるようになっています。

これは、高確率で進行を防止できるプロペシアという内服薬が開発されたためで、厚生労働省に承認された2005年ごろから本格的にスタートしています。
なお、プロペシアはアメリカで開発されたfinasterideの1?錠で、5α-reductaseの活性阻害剤です。

発毛治療情報が揃っています。

このfinasterideは、前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、悪玉男性ホルモンのDHTの生産を抑制することを目的としています。元々は五?錠で商品化されたのですが、身体への負担を考えて1?容量での研究を進めたところ、男性型脱毛症の被験者の頭髪の成長が判明したために、こちらの症状を対象とした発毛治療薬として提供されることになります。
ちなみに、プロペシアが生産を阻害するDHTは、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルを狂わせるという作用を発揮します。



このために、この物質の生産量を減らすことにより、脱毛症の根本的な原因が改善されることになります。
厚生労働省が実施した臨床試験によると、1年間の服用で58パーセントの割合で軽度改善以上の効果が合ったことが判明しています。
ただし、プロペシアは髪の毛に対して直接的な効果はないので、毛根が機能を喪失しなくなった段階から回復させることは出来ません。



このような場合は、外科的な技術を駆使した自毛植毛などの別の発毛治療が用意されています。