発毛治療は自分の発毛サイクルを改善させること

subpage1

「発毛治療」とは、発毛サイクルが停滞している状態を改善し、再び髪の毛が育つ状態に治療することを言います。髪の毛は、成長する期間(約6~9年程度)、頭皮に留まる期間(約3~5ヵ月程度)、抜け落ちるのを待つ期間(約3~4週間程度)を経て、さらに成長する期間に戻る「発毛サイクル」と言う周期があります。


男性型脱毛症(AGA)の方は、成長する期間が、1~3年程度と短くなってしまうため、細く短い髪の毛になり、密度が減って薄毛になってしまいます。男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響で起こるため、男性に多くみられますが、男性ホルモンが多い女性も薄毛になる傾向があります。
男性型脱毛症(AGA)は、薬で発毛治療できる時代になりました。

発毛治療についての知識を高めてもらうためのサイトです。

しかし、女性に対しては、男性型脱毛症(AGA)の薬は使用できませんので、女性専用の薬の開発が望まれます。



発毛治療の薬は、主に2種類が使われています。



発毛の効果が望める「ミノキシジル」と抜け毛予防効果が望める「プロペシア」です。
皮膚科や専門クリニックの医療機関から処方してもらうことができますが、医療保険が適用されませんので、診療代と薬代は高額になってしまいます。
発毛治療代を安価にするためには、自分で薬を取り寄せる方法があります。個人輸入代行会社を通して海外から輸入する方法です。

また、ジェネリック品を購入すれば、日本の薬価の約1/4~1/6程度の価格で購入することができます。