医療機関で行われている発毛治療の内容

subpage1

医療機関での発毛治療は、AGA治療薬のプロペシアが2005年に厚生労働省に承認されたことがきっかけで本格的にスタートしており、既に10年以上が経過しています。

こだわるなら発毛治療サイトが一番おすすめです。

このために、かなり内容は進化しており、様々な状態の薄毛に対応することが出来ます。



なお、現在でも発毛治療の中心として処方されているプロペシアは、男性の薄毛の大部分を占めているAGAに特化した治療薬です。

作用機序は、原因物質のDHTの生産に関与している酵素の活性を阻害するというもので、髪の毛に対してダイレクトに働きかけるわけではありません。

しかし、抜け毛の原因が改善されるので、薄毛の進行が止まることになります。厚生労働省が承認する前に実施した臨床試験では、被験者の98パーセントに不変以上の効果が確認されています。


ただし、プロペシアは毛根を回復するような効果はないので、薄毛になってから年月が経過したような場合は効き目を体感できないケースが起こり得ます。
このような場合にはプロペシアだけではなく、ミノキシジルという成分を配合した外用薬が処方されます。


この成分の作用は、毛母細胞と毛乳頭細胞を促進するというもので、特に頭頂部の薄毛に効果的です。

なお、プロペシアとミノキシジルの組み合わせでも効果が得られない場合は、自毛植毛という発毛治療が用意されています。



この方法はイングランドで活躍しているサッカー選手がチャレンジしたということも広く知られており、効果と安全性の両方を兼ね備えています。


具体的には、後頭部の毛根組織を薄毛部分に移植するというもので、老若男女問わず実施することが出来ます。